Miss"Lin"

今日のご紹介のアイテム「ミス"リン"シュシュ」には出来上がるまでに色々なストーリーがあって、素材、デザイン、イメージが私の中のテーマで一つの形になりました。

今回使用したリネンは”お米の袋”に使われる工業用リネン。日本の麻織物の本場滋賀の近江からお取り寄せしました。産地内の廃業や職人さんたちの高齢化が進み、日本の麻織物を代表する近江湖東産麻布というのは、ますます、希少なものとなってきています。たくさんのサンプル生地の中から、一番気に入ったものを手にしたものが、たまたまこの素材でした。見た目にはすこしゴワゴワしたような雰囲気ですが、触るとプルプルしていて、張り感があるのも特徴だと思います。これが"工業用リネン"と聞いて、即、「これだ」と思いました。"WORKワーク"を女性のアクセサリーとして表現したいと思いました。日本の機織りでハンドメイドされた生産背景も決め手の一つです。

b0208148_0342079.jpg

price:2,520yen
color:one(シュシュのカラーはASSTになります。ベロアのドット柄を使用)
size:W/28cm,H/12cm
number:BB062

この素材をbon bijouとしてどのような表現をしようかととても悩みました。色々なサイズにきってみたり、織上がりの生織(キバタ)の状態でしたので、何度か洗ってみたり。なかなかフィーリングにぴたっとくるものが思いつかず、また次回のテーマにしようかと思っていた時、ロングヘアの髪を後ろで束ねて白いスカーフをくくってる女の子に会いました。"いい感じに不自然"な感じがとても新鮮でした。そしてまた「これだ」と思いました。そして大きなリボンのシュシュをになりました。
b0208148_0344827.jpg

完成したモノはとても気に入っていたのですが、写真での表現に苦戦しました。カゴバックにはもちろん好相性なのですが、私が思う「この素材」にはもっと「色気」が欲しいと思ってました。どのように使用したいかなと考えてたら、「足首」につけるととてもカワイイことを発見☆アンクレットのように足のポイントに。ぺったんこのビーチサンダルでも、写真のようにルブタンのヒールでも、どちらの匂いにもフィットするこのデザインにとても満足です。後ろからライトを当てると、リネンの透け感がますます色気がアップして、とってもキレイです。昼も夜もお伴できる2面性が表現できました☆
b0208148_036170.jpg

Noriko "Daisy Lin"Maeda

そして最後にネーミングに悩んだ時に、フランス語でリネン=Linと私の大好きな女性の"Lin"をかけて「Miss "Lin"シュシュ」となりました。以前、電車のつり革広告で一目惚れした女性です。書籍の広告(続・京都で品格を学ぶ旅)でしたが、この写真にかなり衝撃をうけました。毛皮をこんなに素敵に羽織れるヒトにびっくり。。目から鱗とはこのことかと。FOXEYオーナーデザイナーです。「品格」とても奥深い、私の永遠のテーマです。おしまい☆bon bijou
※生地に限りがあるため、今回は少量の生産となっております。
[PR]
by bonbijou | 2011-02-15 01:38 |    ---hair gomme
<< SILK タッセル"Wish&... >>